*All archives* |  *Admin*

2024/02
<<01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03>>
お花を長く楽しいみたいなら
週末は良いお天気になってくれましたね

春になり、会社前の花壇は花盛り

お天気が良くあたたかい日はチョウチョが集まります


IMG_3714-1_convert_20150410152500.jpg

パンジーやビオラの開花期は5月中頃までなので

ゴールデンウィークまではもってくれるかな。。。

IMG_3716-1_convert_20150410152517.jpg

お花をより美しく、より多く、より長く楽しむためには

一年草は特に「花がら摘み」が大切です

咲き終わった花から早めに花がらを摘み取ると

ほかの花の開花の勢いが衰えません。

騙されたと思って一度お試しくださいね
スポンサーサイト



白もいいけど、赤もいい
IMG_3725_convert_20150409085803.jpg

遠目には白い壁のように見えるのは

常緑樹の「トキワマンサク」の生垣です

刈込にも強い品種です。


IMG_3723_convert_20150409085036.jpg

開花期は4~5月で、一輪ずつの花は地味ですが、

満開時は樹全体を覆う程の花を咲かせる様子は見事ですね

木を覆うように咲く花と年中変わらぬ葉が魅力です


IMG_3727_convert_20150409085316.jpg

花びらは短いリボンのような形でかわいい


images (1) images (3)

「ベニバナトキワマンサク」は、トキワマンサクの変種にあたり、

紅紫色の花を咲かせます

葉が赤紫になる「銅葉」と緑色の「緑葉」があります。

美しい花色で鑑賞価値も高いことから、庭木にも広く利用されています。

カラーリーフとして楽しむ場合には、

銅葉で花の濃い色のものを選ぶと

お庭のポイントができ、立体的に見せることができますよ

生垣として、白花か赤花かでお悩みに場合は

建物の雰囲気に合わせましょう
水鉢のつくり方
2月末に施工させていただいたI様から

「植え込んだ樹木の様子がおかしいので

見に来てください」とお電話をいただきました。


IMG_3702_convert_20150407085355.jpg

ヤマブキやユキヤナギなどお花が満開になっていました


IMG_3706_convert_20150406130650.jpg

落葉樹も新緑の季節に向けて、少しずつ芽吹いてきてます

美しい季節の始まりですね~


IMG_3711_convert_20150406130707.jpg

そして、様子がおかしいという木は水切れでした

植えた直後からしばらくの間は、

樹木が庭に根付いて(しっかり根が張って)いない不安定な状態なので、

基本的に毎日(雨天時以外)地面の乾き具合を見ながら

たっぷりと水やりをしていただきたいのですが。。。

水不足で弱っている場合は、根元に水鉢(土の土手)を作ります。

木の回りに水たまりをつくる感じです。

水鉢をつくるのはしっかりと根っこに

水が届くような水やりをしやすくするためです。

写真のように土を寄せてドーナツ状の鉢をつくっていきます。

スコップや手などで水を入れたとき崩れることのないよう、

しっかり固めるように作りましょう。


IMG_3712_convert_20150406130727.jpg

出来上がったら最後に根鉢に水をたっぷりと入れれば完成です。

土にたっぷりと水を染み込ませるイメージで

ゆっくりじわじわと浸透させましょう。

水やりは植えた直後や夏場は、朝晩1日2回しっかりと。

他の季節は土を触って乾いていればたっぷりやって下さい


樹木の水遣りのコツは。。。

①こまめにやるのではなく、一度にたっぷり土にしみ込ませる

②夏は多めに、冬は少なめに

樹木や草花も生き物ですので

人間がノドが渇いたなぁ~と思ったときは

同じように気にしてあげてくださいね
ターシャのクラブアップル
CIMG0426_convert_20130403142307.jpg

去年の暮れに弊社の庭に植えた「クラブアップル」の花が咲きました。

白とピンクの2本植えましたが

ピンクの方がたくさん花をつけてくれました。


31ae29c8afaebbb223bd84c18a9243cd_convert_20130403143913.jpg

ターシャ・テューダーさんの庭写真集には、必ず、

メインツリーとして、満開のクラブアップルの写真が紹介されていますね。

何年後かにはこんなふうに立派に成長してくれるのか。。。。楽しみです。


IMG_0086+-+・_convert_20130403142557

玄関前のリガーデンした花壇も

パンジーを中心とした春の草花が満開。

お客様や近所の方たちからも

お花がたくさん咲いて明るくなったね!と

評判がいいです★★★

IMG_0084_convert_20130403142537.jpg

チューリップが咲くとやっぱり春っぽい♪


IMG_0082_convert_20130403142404.jpg

「ドウダンツツジ」は小さなツボ型の花を鈴なりにつけています。


IMG_0079_convert_20130403142336.jpg

「ノムラモミジ」
は春に成長する新しい葉は深い赤色で、

他の樹木が緑の新葉をつける中で、ひときわ目に鮮やかです。

夏になると葉の色は緑色に変わりますが、

秋には再び紅葉して色づきます。

春から秋にかけての色彩の変化が楽しめる樹木です。




ハート型の葉っぱが枝に連なっているのは「カツラ」 。

淡いグリーンの葉色は爽やかで樹の大きさの割に

重い印象にはなりません。

秋になると黄色く色づく姿も美しいです。


冬の木立も絵になりますが、樹木や草花は

やはりお花や葉っぱが出てくると個性がいろいろで楽しいですね。
夏の花木
九州もやっと梅雨も開けたようですね〜

植物も初夏から仲夏の花に徐々にバトンたち。。。


DSCF7361_convert_20120724123649.jpg

夏の花木の代表といえば「サルスベリ」

ミソハギ科の落葉中高木。

花の色は紅紫色~淡紅紫色、白色です。

ツルツルとした味わい深い幹と

フリル状で愛らしい雰囲気の花が特徴。



DSCF7366_convert_20120724123733.jpg

まるで真夏の日射しを楽しむかのように咲いています


花は7月のはじめから咲き始め、

9月の終わりまでと開花期間が長いところから

「百日紅」という漢字を当てます。


もの凄いスタミナある人ですね〜

見習って、暑さに負けないぞぉ
プロフィール

ヒューマングリーン

Author:ヒューマングリーン
HumanGreenスタッフが日々の出来事を綴っていきます。

お庭づくりを通して日常生活が楽しくなるきっかけづくりをお手伝いさせていただければと思います。
お庭のご相談はお気軽に下記までご連絡ください。

HumanGreen(株式会社 葉隠緑化建設)
〒840-0862
佐賀県佐賀市嘉瀬町大字扇町2617-7
TEL:0120-412037(フリーダイヤル)
FAX:0952-24-1523
E-mail:human@h-green.jp
http://www.h-green.jp/hg

最新記事
最新コメント
カテゴリ